カリキュラム例示I : 教育学部(子ども学科)
            
(幼稚園教諭1種・保育士・音楽療法士2種)

【教養科目】                                                    ◎必修科目
教科目 授業形態 単位 卒業要件
単 位 数
幼稚園教諭
(1種)免許
保育士 音楽療法
士(2種)
外国語コミュニケーション 演習 2
法学(憲法を含む) 講義 2    
情報機器の操作 演習 2  
保健体育 講義・実技 2  
音楽の歴史 講義 2     ◎*
音楽理論 講義 2     ◎*
女性学 講義 2        
地球環境 講義 2        
児童文学 講義 2        
小論文の書き方 講義・演習 2        
自己表現とコミュニケーション 講義・演習 2        
比較文化 講義 2        
             必要単位数(必修) 24(8) 8(8) 10(4) 12(8)
※1 履修する際には、必要単位数「24単位」になるよう必修( )に加えて、適宜、空欄より選択履修すること。
※2 *印は専門科目に読替え。



【専門科目】                                                    ◎必修科目
教科目 授業形態 単位 卒業要件
単 位 数
幼稚園教諭
(1種)免許
保育士 音楽療法
士(2種)
教育原理 講義 2
保育原理I 講義 4    
保育原理II 講義 2        
社会福祉I(原論) 講義 2  
社会福祉II(援助技術) 演習 2  
児童福祉I 講義 2    
児童福祉II 演習 2        
教職概論 講義 2    
教育心理 講義 2  
教育制度 講義 2    
幼児理解 講義 2        
教育の方法と技術 演習 2    
教育相談(カウンセリング含む) 演習 2    
養護原理I 講義 2    
養護原理II 講義 2        
発達心理I 講義 2
発達心理II 演習 2    
臨床心理学 演習 2        
小児保健I 講義 4    
小児保健II 実習 1    
小児栄養I 講義 1    
小児栄養II 実習 2    
精神保健 講義 2
家族援助論 講義 2        
家庭管理 講義 2        
保育課程総論 講義 2    
音楽I(ソルフェージュ) 演習 2
音楽II(ピアノ) 演習 2
音楽III(ピアノ) 演習 2
 
器楽(打楽器) 演習 2    
声楽 演習 2    
伴奏法 演習 2    
児童音楽 演習 2
図画工作 演習 2  
幼児体育 演習 2  
保育内容総論 講義 2  
保育内容(音楽表現) 演習 1  
保育内容(身体表現) 演習 1
保育内容(人間関係) 演習 2  
保育内容(健康) 演習 2  
保育内容(言葉) 演習 2  
保育内容(環境) 演習 2  
養護内容 演習 2        
乳児保育I 講義 2    
乳児保育II 演習 2         
児童文化 演習 2    
障害児保育 講義 2        
音楽療法概論 講義 2    
音楽療法演習 演習 2    
音楽療法総合演習 演習 2    
総合演習 演習 2    
教育実習(事前事後指導含む) 実習 5    
保育実習(事前事後指導含む) 実習 5    
保育実習II 実習 2  
保育実習III 実習 2        
音楽療法の事前事後指導 講義 1    
卒業(論文)研究 演習 2      
 最低必要単位数(必修) 100(97) 51 58 37+4
※1 本カリキュラムでは、卒業要件単位数をはじめ、幼稚園教諭1種免許、保育士資格、音楽療法士(2種)称号ともに、下表による 「資格を
   取得する上での最低単位数」におさえているので、実際のカリキュラム編成では、更に単位数が増加することが予想される。
※2 保育士課程の選択必修は、複数科目より11単位を選択することになっているが、最低単位数におさえるという便宜上、選択必修の
   教科目を必修にしている。
※3 音楽療法士(2種)の最低必要単位数(37+4)の+4は、教養科目『音楽の歴史、音楽理論』の専門科目への読替えである。


幼稚園教諭1種免許状
―59単位以上―
第66条科目(8単位)、教科(6単位)、教職(35単位)、教科又は教職(10単位)
保育士資格
―68単位以上―
基礎科目(10単位)、必修(47単位)、選択必修(11単位)
音楽療法士2種称号(民間)
―53単位以上―
教養科目(12単位)、専門科目(41単位)