全国音楽療法士養成協議会の会費規程
〔平成11年7月23日制定〕
〔規程 第3号〕
(総 則)
第1条 全国音楽療法士養成協議会規約(以下「規約」という。)第16条
 及び第17条に定める入会金・年会費は、この規程の定めるところによ
 る。
(費用の支弁)
第2条 本協議会の事業遂行に要する費用は、入会金、年会費、称号授
 与の認定料及び資産から生じる果実をもってこれに充てる。
(入会金)
第3条 本協議会の音楽療法士養成所として認定を受けた会員校は、認
 定を受けた年度内に、入会金として50万円を納入しなければならない。
(年会費)
第4条 本協議会の会員校は、年会費を納入しなけばならない。
 認定養成所の年会費は、当該音楽療法士(専修、1種、2種)の養成所として認定を受けた大学院研究科(大学専攻科を含む)、大学学部並びに短期大学学科毎に納入するものとし、認定を受けた一養成課程当り、200,000円とする。
 但し、当該音楽療法士(1種、2種)の養成所として認定を受けた大学の専攻科並びに短期大学の専攻科にあっては、一養成所当り、80,000円とする。
 養成所の認定を受けていない会員校の年会費は、一会員校当り、50,000円とする。
(予 算)
第5条 本協議会の予算は、会計年度開始前に編成し、理事会及び総会
 の承認を得なければならない。
 本協議会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
(予算の執行)
第6条 予算の執行は、協議会長の委任を受けて事務局長があたる。
(決 算)
第7条 本協議会の決算は、毎会計年度終了後2ヵ月以内に作成し、監
 事による会計監査を受けた後、理事会及び総会の承認を得なければな
 らない。
(補 則)
第8条 この規程は、理事会の議決を経なければ変更できない。
附 則
 本規程3条1項の規定にかかわらず、年会費は、「音楽療法士(専修、1種、2種)の称号の授与に関する規程」による認定を受けた年度から納入するものとする。
 この規程は、平成11年7月23日から施行する。
沿 革
平成11年7月23日制定
平成13年4月24日一部改正
平成13年12月12日一部改正
平成16年4月27日一部改正
平成17年4月19日一部改正
平成24年6月 5日一部改正