全国音楽療法士養成協議会
協議会のプロフィール
規程集について
受験生・保護者の皆様へ
お知らせ
主な活動内容
称号の授与申請
加盟へのご案内
教員の求人・求職
リンク
個人情報保護基本方針
(C) 2011 Japan Education Council for
Music Therapist. All rights reserved.
音楽療法士に関するQ&A
Q1  音楽療法士の資格を取りたいのですが、どこで学べばよいのですか?
A.  本協議会の音楽療法士養成課程を有する加盟大学又は短期大学に入学して、所要の単位数(指定養成科目)を修得することによって、卒業と同時に音楽療法士の称号が付与されます。
 なお、入学に関する情報は、直接、加盟校一覧の大学・短期大学にお問い合わせ下さい。
Q2  音楽療法士(専修、1種、2種)は、公的な資格ですか。それとも民間の資格ですか?
A.  音楽療法士(専修、1種、2種)は、公的な資格ではなく、本協議会の定める養成課程を修めて卒業した証の認定書です。従いまして民間の資格となります。
Q3  音楽療法士の「専修」「1種」「2種」との違いを教えてください?
A. @ 音楽療法士〔専修)は、修士レベルで、本協議会の定める養成課  程(専門教育科目)を91単位以上修めて大学院等を修了した者に付 与されます。
A 音楽療法士(1種)は、学士レベルで、本協議会の定める養成課  程95単位以上を修めて大学等を卒業した者に付与されます。
B 音楽療法士(2種)は、短期大学士レベルで、本協議会の定める養 成課程53単位以上を修めて短期大学等を卒業した者に付与されま す。
  なお、本協議会の音楽療法士(専修、1種、2種)の指定カリキュラ  ムは、音楽療法士となる使命感を培い、現場におけるクライアントを  深く理解し、その悩みを真摯に受け止め、適切な療法を行う真の音  楽療法士を育成するのに必要な教科目を設定しております。
Q4  現在、仕事に就いていますが、働きながら音楽療法士(専修、1種 、2種)の称号をとるにはどのような方法がありますか?
 また、通信教育や科目等履修生として必要科目を取得すれば 、音楽療法士の称号が付与されますか?
A.  音楽療法士(専修、1種、2種)の称号を取得するには、本協議会認定の養成課程を設けている大学院、大学・短期大学等に入学して所要の単位数を取得して、卒業〔修了)することが要件となっておりますので、「加盟校一覧」の学校に入学して卒業する方法しか取得の途がありません。
 本協議会加盟校であっても科目等履修生のみの学習では、単位数は取得できても音楽療法士の称号は付与されません。もちろん、加盟校以外の大学院、大学・短期大学、専門学校の通信教育や聴講生では、称号の付与はありません。
 なお、平成14年度より新しい制度として、社会人(専業主婦を含む)が働きながら、正規の学生として大学・短期大学で学べるような「長期履修学生制度」が導入されました。この制度の特徴は、(1)在学年限を設けない、(2)履修科目毎の授業料の設定、などとなっております。同制度を利用しながら音楽療法士(専修、1種、2種)の称号を取得することは可能です。長期履修学生制度を設けているかどうかは、加盟校一覧の各養成校に、直接、お問い合わせ下さい。
Q5  音楽療法士(専修、1種 、2種)の称号を活かした就職先はどのような所ですか?
A.  音楽療法士を活かした就職先としては、大別して、(1)医療関係施設、(2)社会福祉関係施設、となります。
 なお、音楽療法士(専修、1種、2種)を取得して、平成24年度に就職した人数等については、「はたらく音楽療法士」のページをご覧下さい。
個人情報保護基本方針